読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とのじの迷宮

オーディオ・音楽、その他趣味について呟いていきます。

Raspberry Pi (RaspyFi ver.1.0β) の音 - バッテリー駆動

 さて、以前書いたように、モバイルバッテリーを使ってRaspberry Piをバッテリー駆動してみました。

 使用したバッテリーはSONY CP-F10LSAVP、容量10000mAh、最大電流出力2.1Aのスペックを持つ、モバイル用としては大きさはやや微妙ですが、今回のような使い方にはぴったりのバッテリーです。ヨドバシで7000円ちょっとで買ったのですが、なんかamazonを見ると、同じスペックのものが3000円程度から並んでいますね。SONYのも中国製でしたし、バッテリーセルが違っているかもしれませんが、なんとなく損した気分です。

 そんな事はさておき、音です。充電をして早速試してみました。

 やはり、違います。それも微差ではなく、一聴してわかるくらいの違いが出てしまいました。

 バッテリー駆動に変えてまず気がつくのは、更に静かになった事と透明感が増したことです。更に聴いていると、細かい音まで良く出るようになったことに気づきます。低音も、レンジが伸びた感じはしませんが、より締りがよくなったような印象を受けます。下手なバッテリー駆動だと、静かになっても音がやせたりするものですが、そのような印象もありません。

 と言うわけで、バッテリーも外すことが出来なくなりました。まあ、10000mAhあれば、半日以上鳴らしっぱなしでもいける計算ですから、実用的にも不便は感じないはずです。

 RaspyFiのバッテリー駆動、お勧めです。