読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とのじの迷宮

オーディオ・音楽、その他趣味について呟いていきます。

低ノイズと高スペック

Raspberry Pi3はVolumio2で鳴らしていましたが、Volumio2にはx86版もあります。つまり、普通のPCで動くということで、試してみました。 PCは、Asrock AM1H-ITX + Athlon5350 + 4GBメモリです。これは、19VのACアダプタで動作するという変わり種のマザーボー…

金属製エンクロージャは本当に良いものなのか?

木の響きの乗るスピーカーは楽器を含めた長年の感覚で受け入れられ続けるだろうけれど、アルミの金属臭のするスピーカーはどこかで反動が起こって拒否されるようになるのではないかな、と思っています。アルミの板を斜めに立てかけて、手の甲で軽く叩いてみ…

5万円でできる裏道バジェット・ハイファイ

オーディオはお金のかかる趣味だとよく言われます。 私はそれを否定する気はありませんし、自身も人には言いたくないくらいの額はつぎ込んでしまっています。 とは言え、それはオーディオの一側面に過ぎません。いかに安く良い音で鳴らすか、というのも一つ…

LT1115を使用したフォノイコライザーの製作

最近は、Raspberry Piによるネットワークオーディオの記事が多かったのですが、検索語句で根強く生きているのは「フォノイコライザーの自作」です。それなのに、このブログには、具体的な製作記事が一つもなかったので、LT1115(オペアンプ)+LT1010(バッファ…

Thinkpad X201sの再生-画面解像度と眼精疲労との戦い

さて、前回も少し書いたThinkpad X201sの再生話です。 まず、手に入れた理由を書いておきましょう。 Windows7 用にパソコンが欲しかったというのが最大の理由ですが、X201sにした事には他にも理由があります。 まず、キーボード。ペコペコのアイソレートキー…

小ネタ諸々

しばらく放置してしまっている間に、色々とありました。そうした諸々について少し。 ・ずっと不安定なβバージョンのままだったVolumio2が、10月13日にようやくstableバージョンが発表されました。それでも当初は、Hifiberry-DIGIを認識しなかったのですが、V…

音楽と反体制と、政治的自由

ショスタコーヴィチなら、ハビ・ヤールも森の歌も平気で聴いているので、わたしは実は政治性なんて関係なく音楽を聴いているかもしれない。しかし、反体制が、音楽業界と言う狭い枠で体制になり、それを嫌悪した大衆が檻で囲って敬して遠ざけた事がある。こ…

Raspberry Pi対応I2S DACの入手方法

まずは、国内で正規販売されているものとして、Sabreberry+があります。RCAジャックは自分でつけなければなりませんが、これを買うのが一番手軽でしょうか。スイッチサイエンスで販売しています。 www.switch-science.com 次に、アマゾンです。ここでは、供…

Raspberry Pi 3とRaspbianとMPD

Raspberry Pi3が発売されました。 早速買いましたが、Volumio2 RC1はもちろん、Volumio1.55でもイマイチ不安定です。 折角の内蔵wi-fiも使えませんので、RaspbianにMPDをインストールしてHifiberry-digiから音出ししました。 1) Raspbianのインストール Rasp…

Volumio 2 β-1

Volumio 2は開発がアナウンスされてから1年近く経ちますが、未だに正式版は出てきていません。それでも、昨日βバージョンが発表されましたのでダウンロードして使ってみました。 I2S DAC(ES0923使用)につなげての音出しです。USB等では試していません。 I2S …

Studer C37の音

今年もインターナショナルオーディオショウ(以下TIAS)に行ってきました。 数多の新製品がありましたが、それら全てを霞ませてしまったのが、ヨシノトレーディングのブースで再生された、Studer C37の音でした。 これは、1インチのテープ幅のテープを扱う(普…

トランジスタ技術2015年9月号

ラズパイ・オーディオが特集されているトラ技9月号を先日注文して、今日きました。正直、食い足りない部分もあるけれど、これからラズパイ・オーディオ やろうとい う人向けに親切にできていると思います。Volumioのweb UIの使い方なんて、わたしなんぞは「…

小林幸子の「さちへんげ」

小林幸子がコミケで頒布した「さちへんげ」を当日並んで買いました。これは、ボカロの名曲を小林幸子本人が歌っているもの。Sachikoではありません。曲目はこんな感じ。ボカロ聴いた人なら、一度くらい聴いたことがある曲ばかり。・いーあるふぁんくらぶ・い…

Raspberry Pi 2 音楽用OS 聴き比べ 後編

Raspberry Pi 2 音楽用OSの音の聴き比べです。あくまで、わたしの試聴環境と耳での官能評価に過ぎないので、参考程度に。そのため、簡単にまとめました。 ・Volumio : そつのない音。・Runeaudio : 本番環境で起動せず、評価なし・lightMPD : 繊細だけど、線…

Raspberry Pi 2 音楽用OS聴き比べ 前編

Raspberry Pi 2の音楽用OSも色々と出てきたので、わたしなりにまとめてみました。 わたしが調べたところでは、以下のOSが確認できました。 ・Volumio ・Runeaudio ・lightMPD ・Moode Audio Player ・Archphile ・Volumio改(ほーりーさん改良) と、6種類もあ…

VAIO Z (VPCZ11) のWindows10 アップデート

先日、VAIO Z (VPCZ11)(以下VAIO Zと表記)のWindows10アップデートに成功しました。ただし、私の持っているモデルは、光学ドライブ無しで320GB HDDとして、専用SSDは無しのオーダーメイドモデルなので、専用SSD+光学ドライブのモデルで同様にいくかは保証し…

HP Microserverのリッピングマシン化

さて、以前HDDを入れてSambaサーバーにでもしようと書いたHP Microserverですが、NASが何台もあっても仕方ないとの事で頓挫。何に使おうかと宙に浮いていました。 そこで、こんな記事を見つけました。 「VortexBox」~リッピングサーバー化計画 | VortexBoxを…

AM1H-ITX + Voyage MPD

ASRockにAM1H-ITXという毛色の変わったマザーボードがあります。 AMDのAM1ソケットのCPU用のマザーボードですが、これがATX電源だけでなく、DC19V電源でも動くのです。更に、ASRockのマザーボードに共通なのですが、光S/PDIF出力がついてきます。 AM1ソケッ…

箱物クラシックCD紹介 第四回

前回、オペラが出たらいいな、と書いたカラヤンのボックス。出ました。 Various: the Opera Recordings アーティスト: Herbert Von Karajan 出版社/メーカー: Deutsche Grammophon 発売日: 2015/06/15 メディア: CD この商品を含むブログを見る ブーレーズが…

Raspberry Pi 2 + I2S DAC

半年以上も放置していましたが、何もやっていなかったわけではありません。 スピーカーは変わり、PCオーディオもコンサート通いもそれなりにやっていました。 スピーカーの方はまた後日のネタとして、今回はPCオーディオ、特に力を入れているRaspberry Piに…

箱物クラシックCD紹介 第三回

年末ですし、不定期恒例の箱物クラシック特集です。 まずは、カラヤン 1980sから。 カラヤンがDGGに残した1980年代のオーケストラ録音を網羅したセットです。 1960s, 1970sと既に出ましたので、これでカラヤンの30年近くのオーケストラ録音を揃えることがで…

Raspberry PiとRaspbian + MPD : ハイレゾ再生@Raspberry Pi

AV Watchにこんな記事がありました。 約4千円の手のひらコンピュータ「Raspberry Pi」でハイレゾ音楽再生に挑戦 記事を読んで感じたのは、「なんか明後日の方向を向いている」でした。 このブログでも言及しているように、Volumioのディスクイメージをダウン…

HP Microserverとvortexbox

安さに釣られて、こんなものを買ってしまいました。 HP Proliant MicroServer HPのサイトでは42000円からとなっていますが、Amazonでは15000円足らずでした。 なんとなく後悔しつつ到着した箱を開けて中身をみたら、きちんとサーバの作りをしていました。サ…

MPDの最大バッファーサイズ

WindowsとLinuxの比較で色々といじっているうちに、どのくらいbufferは大きくなるのだろうか、とやってみました。 思ったよりも大きく、128MB未満でした。audio_buffer_sizeはkB単位だから、128MB=131072kB未満であればよいとなります。つまり、設定できる最…

WindowsとLinuxの比較

同一条件下での比較はやった事がないなぁ、と思ったので、先週遅い夏休みが取れたのでやってみました。 用意するのは、普通のPC(使用したPCのスペックは、Corei5 4690S, ASRock H81M-ITX, 8GBメモリ、picoPSU電源)と、1TB HDDです。 HDDは160GB, 160GB, 残り…

LIVA初代機が安い

先日、ドスパラ(実店舗)に行ったところ、新型のLIVAと並んで初代のLIVAが安く並んでいました。 で、ネットでも売っていないかと思って探したらありました。 ECS LIVA-C0-2G-32G-B |ドスパラ通販【公式】 ECS LIVA-C0-2G-32G-B |ドスパラ通販【公式】 Windo…

お勧め箱物CD その2

前回から数か月が経ちましたが、それからもいくつか注目すべき箱物CDがでました。 今回はそれを紹介していきたいと思います。 ・Living Stereo Collection vol.2 前回紹介した60枚セットに続いて、vol.2が出たLiving Stereoセットです。 前回は、SACDになっ…

LIVAにUbuntu Studio + MPD 詳細

用意するもの - LIVA, ACアダプター駆動のUSBDVDドライブ, モニター(HDMIの場合1920x1080画素(フルHD)以外では初期画面とバイオス画面が乱れるようです。D-sub 15pinの場合未確認), USBキーボード(なるべくシンプルなもの。マルチメディアキーなどがあると認…

LIVAにUbuntu Studio + MPD

基本は、オプションはubuntustudio-audioのalsa関連の項目のみチェックを入れて、Ubuntu Studio14.04(64bit)をインストールした後に、MPD, SSH, cifsutils(SAMBA等をNASとして使う場合必要), をインストールして、MPDが起動時に立ち上がるようにしてやれば、…

BeagleBone BlackとVolumio

なんとなく放置していたBeagleBone Blackですが、最近Raspyfiの派生プロジェクトとして立ち上がったVolumioで無事稼動することが確認できました。 Volumioのサイトは以下になります。 Home - Volumio - audiophile music player ここで、BeagleBone Black(以…

PMA-390REの印象。

2万円を切る安さにつられて衝動買いしたPMA-390RE、届いたあと開梱しないままなのもあれなので、サブシステムにつなげて音を出してみた。なんと、フォノ入力(MM)までついているので、レコードを鳴らしての評価。繋げたスピーカーはPlatinum Duoという古いけ…

いけないオーディオ

オーディオは基本的に何をやっても結果オーライですが、やってはいけない(あるいは、やったところで悪い結果にしかならない)原則と言うものが存在します。 例えばスピーカーの逆相接続のような明らかに間違っているものもありますが、そこまで行かなくとも、…

Beaglebone Black + Arch Linux & MPD

Amazonで買ったBeaglebone Blackが届いたので、この週末はArch Linux に MPD の組み合わせをインストールしてみました。 Arch Linux のインストールは、このページを参考にしました。英語ですが、懇切丁寧に説明してあります。 MPD のインストールは、みみず…

モバイル無線LANルーターを使ったNASのバッテリー駆動

モバイル無線LANルーターを使い、NAS(USBメモリ)をバッテリー駆動してみました。モバイル無線LANルーターは中国製の安いものを買ったつもりでしたが、amazonを見てみたら、planex製の同等品が半値くらいでありました。ちょっとがっかりです。 が、取りあえず…

RaspFiがうまくいかない時の対策

RasyFiが起動しない ボードのrevisionを確認してください。ボード裏のLAN端子裏面辺りに4桁の数字があります。それがここで言うボードのrevisionとなります。1320とある場合、以下の事をしてみてください。 ・ここから、start.elf, start_cd.elf, start_x.el…

9/10 N響B定期。ブロムシュテット指揮のブラームス

NHK交響楽団B定期。今シーズンはブロムシュテットのブラームス・チクルスから始まる。 ブロムシュテットは昔から堅実な指揮者だと感じていたが、この10年ほどだろうか、力強さと優しさが加わって、良い音楽をやっているのはCDを聴いて感じていた。 ブロムシ…

N響事務局から手紙が来た

N響事務局から手紙が来ていた。なんでも、サントリーホールでやるB定期は完売なのだけれど、空席が目立つ事があったりするからなるべく来てね、とまあそんな内容だった。B定期会員全員に出しているようだ。完売なのに空席があるとは何事だと文句言う人がいた…

RaspyFiが起動しない

RaspFiをインストールしたRaspberry Piをサブシステムにも入れようと、Raspberry PiをRS Componentsより新たに購入。SDカードも既に実績のあるTranscendの8GBのものを購入。そろったところで、SDカードにRaspFiをインストールして、さて設定しようと起動させ…

オーディオなる趣味

一聴でわかる違いは、一聴でしかわからない違いにしか過ぎないことがしばしばある。また、聴き込んで感じる違和感などは、一聴ではわからなかったりする。 聴感はあてにならないもので、測定器にもでない音の違いを聞き分けられる耳が、時に10dBの違いを聞き…

Beaglebone Black -Raspberry Piの対抗馬

BeagleBone BlackはRaspberry Piの対抗馬のようなワンボートPC。CPUは1GHz ARMコアだけど、Cortex A8だからRaspberry Pi(700MHz)との周波数差以上にパフォーマンスは違いそう。メモリはPiと同じ512MBなのだけど、DDR3だからPiよりは速いかも。LANとUSBが反対…

ウチでのデジタル系オーディオの現状

現在は、RaspyFi入れたRaspberry Piのバッテリー駆動でPCオーディオ環境はほぼ満足。DACはMSB Plutinum DAC初代。10年の設計なのに24/192まで受けてくれる優れもの。音も最近のものに遜色ない。と言うか、ラダー型DACなので、今時のDACにはない力強い音が気…

Raspberry Pi (RaspyFi ver.1.0β) の音 - バッテリー駆動

さて、以前書いたように、モバイルバッテリーを使ってRaspberry Piをバッテリー駆動してみました。 使用したバッテリーはSONY CP-F10LSAVP、容量10000mAh、最大電流出力2.1Aのスペックを持つ、モバイル用としては大きさはやや微妙ですが、今回のような使い方…

Raspberry Pi (RaspyFi ver.1.0β) の音

さて、音の印象ですが、比較対象として、自作無音PC(Atom BOXD2500HN + pico PSU + SSD)にVoyage MPDをインストールしたものを用意します。って、今までメインシステムに使っていたものなのですが。 ちなみに、Windows PC + 色んな再生ソフト + ASIO or WASA…

RaspyFi 初歩からの事始め その2

・RaspyFi設定 ネットワーク設定1) Raspberry PiのIPアドレスを調べる。Raspberry PiはデフォルトではDHCPで自動的にIPアドレスが割り振られる設定となっている。ここで、Raspberry PiのIPアドレスを調べるためには、ローカルにHDMIでディスプレイ、USBキー…

RaspyFi 初歩からの事始め その1

・用意するもの 必須: Raspberry Pi本体(後述)、4GB以上のSDカード(相性あり、Transcend 8G SDHC class10では確認済み)、micro USBのACアダプター(モバイルバッテリー用で入手可。ヨドバシなどで1500円程度)5V/1A以上を推奨、NAS(音楽データ用、DLNA準拠でな…

モバイル機器には、良いイヤホンを

今や、iPodやWalkmanをはじめとするモバイルオーディオ機器ばかりでなく、Andoroid端末やiPhoneなどのスマートフォンでも、音楽を楽しむ時代になりましたが、 良い音で聴きたいとは誰しも思うことです。 そのためには、圧縮時のビットレートを上げたり再生ソ…

フォノ・カートリッジの話 - Shure M44GとDenon DL-103R その2

DL-103Rは、DL-103もそうですが、扱いの難しいカートリッジです。 何しろ、これに合うトーンアームが無い。現在売られているカートリッジの中でも特にローコンプライアンスな、要は針が動き辛い、カートリッジなのでこれに合うようなトーンアームは新品ではI…

オペアンプを使ったフォノ・イコライザーの自作

さて、M44Gをきちんと鳴らそうとするならば、450pFの負荷容量をもつフォノ・イコライザーアンプが必要となります。とは言え、フォノケーブルの容量が大体100-200pF程度あると言うことですから、フォノ・イコライザーには300pF程度のコンデンサーをパラれば良…

フォノ・カートリッジの話 - Shure M44GとDenon DL-103R その1

アナログ・レコードを聴くためには、良いフォノ・カートリッジが欠かせません。 数千円で買えるものから数十万円もする高価なカートリッジまで、非常に価格に幅がありますが、今回はその中でも、廉価で歴史のある二つのカートリッジについて書いていきたいと…

1981年アナログ録音のグールド/ゴールドベルク変奏曲SACD化

1981年に録音されたグールドのゴールドベルク変奏曲には、デジタル録音のものとアナログ録音のものの2種類あります。デジタル録音初期でまだ信頼性に不安があったため、バックアップにアナログ録音をしていたと推測されます。 CDやSACDでは、ほとんどでデジ…